• 数量限定

宮崎県都城市 都城大弓【楠見蔵吉】 煤竹・カーボン内蔵_YD-F101

寄付金額 422,000
内容
  • 都城大弓【楠見蔵吉】

    弓の長さ:並寸~2寸伸
    弓力:(並)~20kg/(2寸伸)~23kg
    弓芯:ハードメープル・カーボン内蔵
    内竹:煤竹
    ※合成接着剤使用

    ※お申し込み後、2週間程度で弓師よりご連絡いたします。
    ※選択可能な仕様につきましては、ご連絡の際、弓師へお申し付けください。
    ※写真の色合いが微妙に異なることがございます。
配送期間
  • お届け時期につきましては、お申込み後のご連絡の際にお知らせいたします。
    お選びいただきました仕様によってはお届けまでお時間をいただく場合がございますので、予めご了承ください。
事業者名
  • 都城弓製造業協同組合

【 楠見蔵吉 KURAKICHI KUSUMI 】

~理想の弓を求め作り続ける~
初代堀江善兵衛より七代目、都城の弓づくりの祖、楠見蔵吉の伝統を受け継ぎながら、現代の材料、技術との融合を図っております。
理想の姿を求めて、今よりも少しでも良いものをつくるため、手を抜くことはありません。
日々妥協なく、作り手としての弓道を探求し続けます。



◆◆経済産業大臣指定伝統的工芸品◆日本一の生産量を誇る都城大弓◆◆

都城大弓の素材は、都城の温暖な気候と豊かな自然が育んだ真竹と櫨(はぜ)。

大弓の工程は200以上もあり、そのすべてを一人の弓師が手仕事で仕上げています。
都城市は、薩摩藩主家の祖となった島津家が誕生した島津荘と呼ばれる日本最大の荘園がありました。
鎌倉武士の気風を明治になるまで保持していたと伝えられる薩摩では、武道が推奨され、武具の製造も盛んでしたが、なかでも都城の大弓は名声が高く、江戸時代初期にはその製法が確立したといわれています。

現在、国の伝統工芸士の資格を持つ4名の弓師が活躍しており、雄大な霧島の麓で一張一張丹精を込めて作り上げています。
都城大弓は、平成6年に国の伝統的工芸品の指定を受けています。
また、令和2年12月には「都城大弓」が特許庁から地域団体商標として登録されました。

【提供事業者】都城弓製造業協同組合(TEL:0986-22-4604 Email:reimei.kyudo@gmail.com)

▼△▼ 重要!必ずご確認ください ▼△▼
※お申し込み後、2週間程度で楠見蔵吉弓製作所より電話もしくはメールにてご連絡させていただきます。仕様などのご要望につきましては、ご連絡時にお伺いいたします。

※お申し込みの際は、備考欄に日中連絡先(電話番号・メールアドレス)を必ずご記入ください。

【(株)楠見蔵吉弓製作所】
TEL:0986-24-5248
E-mail:kusumi@krc.biglobe.ne.jp

※メールアドレスを受信できるよう設定をお願いいたします。
※商品コード: YD-F101

もっと見る
閉じる
  • 内容
    • 都城大弓【楠見蔵吉】

      弓の長さ:並寸~2寸伸
      弓力:(並)~20kg/(2寸伸)~23kg
      弓芯:ハードメープル・カーボン内蔵
      内竹:煤竹
      ※合成接着剤使用

      ※お申し込み後、2週間程度で弓師よりご連絡いたします。
      ※選択可能な仕様につきましては、ご連絡の際、弓師へお申し付けください。
      ※写真の色合いが微妙に異なることがございます。
    配送期間
    • お届け時期につきましては、お申込み後のご連絡の際にお知らせいたします。
      お選びいただきました仕様によってはお届けまでお時間をいただく場合がございますので、予めご了承ください。
    事業者名
    • 都城弓製造業協同組合
絞り込み検索絞り込み検索
ページの先頭へ