「献上桃の郷」桑折町

福島県
桑折こおりまち

福島県桑折町 福島県
桑折こおりまち

「献上桃の郷」桑折町

桑折町は福島県中通りの北部に位置し、阿武隈川の清流と緑豊かな半田山の自然の恵みを受けた総面積42.97㎢、人口11,000人の自然と歴史と文化の町です。
古くは仙台藩伊達氏の発祥の地、日本三大鉱山のひとつと数えられた半田銀山、奥州・羽州街道の分岐点にある宿場町、養蚕業地帯などとして時代を重ね、旧伊達郡役所など、先人たちによって築き上げられた歴史的資源が数多く残されています。
果樹栽培が盛んで、桃・りんご・柿など美味しい果物の産地として知られ、なかでも桃は特に上質で、平成28年には「献上桃の郷」の商標登録が認められました。

寄付金の使い道

  • 1. 社会福祉・児童福祉に関する事業
  • 2. 保健衛生に関する事業
  • 3.農林業振興に関する事業
  • 4.商工振興・観光振興に関する事業
  • 5.社会資本整備に関する事業
  • 6. 消防・防災に関する事業
  • 7.教育に関する事業
  • 8.災害復旧に関する事業
  • 9.町長おまかせ

自治体お問い合わせ先

住所 〒969-1692 福島県 福島県伊達郡桑折町大字谷地字道下22-7
電話番号 024-582-2111
メールアドレス soumu@town.koori.fukushima.jp
絞り込み検索絞り込み検索
ページの先頭へ